歯の基礎知識 | 静岡市葵区の歯医者 みまつ渡辺歯科医院|静岡の総合歯科です。
歯の基礎知識

chishiki01

chishiki02

歯の構造と名称を知っておくだけでも、治療を受ける際に断然有利です!
現在通院中の方も、これから受診する予定の方も、是非下のイラストを参考に歯の構造を理解していただくと、担当の先生や歯科衛生士のお話(説明)も通じやすくなり、理解を深めることができます。治療もびっくりするほどスムースに進む事は間違いないと思います!

 

●歯、歯周の構造はこうなっている
歯を縦切りにした図『歯冠部』は歯ぐき(歯肉)から上の、目に見える部分をいいます。
『歯根部』は歯ぐき(歯肉)から下の、歯ぐき(歯肉)に隠れている部分をいいます。
 1本1本の歯の根を取り巻くまわりの組織を歯周組織と呼びます。歯と骨は一体のものではなく、歯は歯周組織によって口の中に固定されています。我々が食事したりする時には歯を使いますが、その歯を根元で支えているのが歯周組織なのです。

 
 
 
 
 

●歯の構造 
chishiki04まずは歯の構造を見てみましょう。前歯も奥歯も歯の形は違っていても、歯自体の構造はほとんど変わりがありません。歯は硬い1つの塊で出来ているわけではなく、エナメル質、象牙質、セメント質、歯髄の組織4つの層から造られています。

 
◇ エナメル質
人体の中で最も硬い組織で、歯の頭の部分だけを包み込むようなっています。
 
◇ 象牙質
歯の頭の表面はエナメル質で覆われ、根の表面はセメント質で覆われていますが、それ以外の歯の内部は象牙質で出来ています。
 
◇ セメント質
根の表面だけを覆っているのがセメント質で、歯茎に隠れているため、通常見かけることはあまりありません。
 
◇ 歯髄
歯の中心部には歯髄腔があり、神経と呼ばれる歯髄が通っています。
 
 
 
 
●歯周組織の構造
chishiki05歯槽膿漏の治療を受ける、あるいは予防をしてゆくにあたり、歯週組織について深く理解しておくことは、正しい歯周病ケアを行ううえで大変役に立ちます。
歯の支持組織(歯周組織)は大別して4つになります。

◇ 歯肉 
 
◇ 歯槽骨(しそうこつ) 
 
◇ 歯根膜(しこんまく) 
 
◇ セメント質
 

歯にかかる衝撃を受け止め、あごにかかる力を吸収・緩和するために、歯の根の部分の表面(セメント質)と歯槽骨は歯根膜という繊維性の結合組織で結びついています。歯は歯槽骨、歯肉、歯根膜の支持組織によって支えられています。
 
 
 

●歯と歯周の重要性
歯と歯周の構造を見ていただいてわかることは、「歯を長持ちさせるということは、歯だけ気にすればいいわけではない」ということです。歯を支えている歯周組織のお手入れも十分に行わなければ、歯をいい状態で維持することは難しいのです。永久歯がダメになってしまうと、入れ歯や差し歯のお世話にならなければならなくなります。歯を大事に使っていくために、歯は勿論のこと、歯周にも気をつけてゆきましょう。

 

 

chishiki06

●エナメル質
歯の縦切断面図口をあけて白く見える部分、歯冠の一番外側の組織を『エナメル質』といいます。エナメル質の構成成分は、ほとんどがリン酸カルシウムの一種である無機質のハイドロキシアパタイトであり、ごくわずかに有機質のエナメルタンパク質を含みます。人間の体の中で最も硬い組織で、水晶(モース硬度7)と同じくらいの硬さがあります。しかしその反面、もろいという実は意外とデリケートな特徴も持っています。同じ歯でも場所によって厚さが異なり、永久歯では前歯の先端、また奥歯では盛り上がった部分で最も厚く(2~2.5ミリ)根元になるほど薄くなっていきます。

エナメル質は、一度その組織が破壊された場合、再生することはありません。一度虫歯になってしまったエナメル質は、元の状態を取り戻すことができません。「虫歯にならないように、日頃からしっかりと歯磨きをして予防しましょう。」というのは、そういった理由からです。また、人間の体の中で最も硬い組織とはいっても、毎日使っているうちに年齢とともに少しずつすり減っていき(咬耗:こうもう)、薄くなっていく傾向があります。

エナメル質自体は知覚がないため、エナメル質自体が傷ついても痛みを感じることはありません。しかし、エナメル質が傷つき削れて、その下の組織である象牙質が露出すると、象牙質にさまざまな刺激が加わった際に、象牙質を通じて象牙細管⇒歯髄神経へ刺激が伝わり、「歯がしみる(痛む)」知覚過敏の症状が現れるのです。
ただエナメル質は強固で、簡単に削れることはありませんので、実際には歯の根元部分のエナメル質がほとんどない部分(欠けやすいセメント質部分)で知覚過敏が起こることが多いです。

 

chishiki08

●象牙質
chishiki09『象牙質』(ぞうげしつ、dentin)は、歯の大部分を構成している組織で、歯冠部は『エナメル質』、歯根部は『セメント質』に覆われています。また歯の中心部には、歯の神経である『歯髄』という大切な組織を入れる歯髄腔が存在します。

 

●象牙質の構造
象牙質の構成成分の69%は無機質であるハイドロキシアパタイト、18%はコラーゲンなどの有機質、そして残りの13%は水分です。象牙質はエナメル質よりもやわらかい(モース硬度は5~6)ですが、骨と同じくらいの硬さをもった丈夫な組織です。弾力性に富んでいるので、何か強い衝撃が歯に加わっても、表面にあるエナメル質が割れてしまうことを防ぐという柔軟性を持ちます。とても硬いエナメル質によって守られつつ、弾力性のある象牙質によって柔軟性を持ち、この2つの性質がうまく組み合わさっているので、どんな場合にも歯は丈夫なのです。
 
 
●象牙質の色 
その人の歯の色(歯の白さ)は、象牙質の色調により決まります。それは半透明のエナメル質を通して、象牙質の色が透けて見えるからです。象牙質の色は、有機成分により、文字通りの「象牙色」をしています。目や肌と同じように個人差があり、人によって様々な色をしています。歯の形成時期に一部の薬剤を服用した場合に、その影響で象牙質の有機成分が変色を起こすことがありますが、象牙質はエナメル質の奥にあるため、これらの変色は歯みがきでは改善されず、歯科医院によるホワイトニングなどが必要になります。
 
 
●象牙質知覚過敏症 
chishiki10虫歯が無いのに歯がしみることがあります。多くの場合、しみるのは歯の根元(歯と歯ぐきの境目)のあたりの『楔(くさび)状欠損』に多く症状がみられます。これは『象牙質知覚過敏症』といわれるものです。これは歯の内部の象牙質という層が露出してしまうために起こります。
象牙質は『象牙細管』とよばれる、とても細い管が集まっている層で、管の中は組織液で満たされています。この管は歯の中心部の歯髄(神経)につながっています。象牙細管を通して栄養素を送るだけでなく刺激も伝えるので、象牙質に刺激が加われば、象牙細管⇒歯髄神経へ刺激が伝わり、歯が「しみる」という痛み(知覚過敏の症状)が出るのです。
そのため知覚過敏の治療の基本は、歯磨き方法の再確認、薬・コーティング材などで象牙質をカバーして外部からの刺激を遮断したり、象牙細管の穴をふさいで歯髄神経へ刺激が伝わらないようにするのです。

 
 
●二次象牙質
象牙質知覚過敏症になっても、歯自身が自分を守ろうということで防御機能が働き、その結果二次象牙質という層を歯髄内に形成して神経のまわりに壁が出来ると、自然にしみなくなる経過も多いです。それは、象牙細管の歯髄側(象牙質と歯髄の間)に象牙芽細胞の突起があり、象牙質の形成と維持をしているからです。一度作られた象牙質には修復や再生は起こりませんが、歯髄側では僅かに再生能力があり、歯髄を保護するように働いているのです。
症状が強い時や痛みが長く続いている時、またどうしても痛くてブラッシングできない時は歯医者さんに相談してください。痛みを和らげる適切な処置を施します。

 

chishiki11

●セメント質《cementum》
歯の縦断面図『セメント質』は、歯根部の象牙質表面をおおう薄い硬組織です。骨と同程度の硬さ(モース硬度4~5)で、エナメル質と比べると柔らかく黄味を帯びた白色の光沢がない組織です。このセメント質の組成は、象牙質や骨組織とほとんど同じで、約65パーセントがハイドロキシアパタイトという無機質からできています。そして、残りの約23パーセントが有機質(コラーゲン)です。

 『セメント質』には『歯根膜』(歯周靱帯)と呼ばれるコラーゲンを主体とした線維質のものが束になって入り込んでおり、反対側にある歯槽骨にも同じように歯根膜が入り込み、歯と歯槽骨をつなぎとめる役割をしています。また、この歯根膜はクッションの役割も果たしており、歯に加わる強い咬み合せの力から歯を守る働きもあります。

セメント質の栄養は象牙質や歯髄からではなく、歯根膜から栄養を受けています。歯髄が死んでしまったり、抜髄されたりして歯髄がなくなってもセメント質の機能は障害されず、歯はなんら不自由なく使うことができます。セメント質は、比較的弱く傷つきやすいのですが、再生能力は高く、歯根表面の損傷に対して修復する機能も持っています

 

chishiki13

●歯髄
歯の縦断面図歯髄はいわゆる「歯の神経」と呼ばれるものです。歯の中心に位置し、象牙質という硬い組織の内側に囲まれた『歯髄腔』を満たしている軟組織です。歯髄腔とは歯の神経である歯髄が入っている所です。根尖孔(根の先端)を介して連絡しています。歯髄には神経線維のほかに、小動脈や小静脈などの毛細血管やリンパ管を含んでおり、ここから象牙質に栄養を与えています。歯髄は年齢を重ねるごとに、その血管や神経の数が減少していきます。

 

 

歯髄は知覚神経線維しか持たず、痛覚しかありません。虫歯などで歯が痛いと感じるのはこの歯髄があるためです。「歯の神経を抜く」といった場合、これらの組織をすべて取り除きます。これを専門用語で『抜髄(ばつずい)』と呼んでいます。歯髄をとってしまえば痛みを感じることはなくなりますが、歯髄は歯に栄養を供給する組織でもあるので、歯を健康に長く保つことは難しくなります。

 
◆歯髄の働き◆ 
歯髄は歯の形成、石灰化、崩出、あるいは吸収に重要な役割をはたしています。歯に加わる刺激を歯根膜とともに受けて、歯に防御反応を起こさせます。特に象牙質に刺激が加わると、歯髄はその生活反応として第二象牙質を形成し、その刺激を遮断する。つまり、この歯髄の働きによって象牙質が再生できるのです。
 
◆歯髄へのダメージ◆
歯髄が何らかの原因によって炎症を起こし、激しい痛みを伴う症状を『歯髄炎』と言います。歯髄炎には、痛みを伴う急性疾患と痛みの少ない慢性疾患があります。

・歯髄充血:歯髄炎の初期症状。可逆性の歯髄疾患
・急性単純性歯髄炎:歯髄に細菌感染はない。充血が確認される。自発痛あり。
・急性化膿性歯髄炎:歯髄に細菌感染あり。自発痛が激しい。(C2以上)
・急性壊疽性歯髄炎:歯髄壊死に細菌感染による腐敗発酵が伴うと歯髄壊疽となる。
・慢性潰瘍性歯髄炎:むし歯の進行により歯髄が外部と接している状態。自発痛はほとんどない。刺激により痛み(C3)
・慢性増殖性歯髄炎:若年者に見られる歯髄炎で歯髄が炎症の反応として肉芽状に増殖したものをいう。
   自発痛はほとんどない。刺激により痛みが誘発(C3)
 
 
一言に「歯髄炎」といっても、症状が慢性的なものなのか?一時的なものなのか?などによっても治療法が異なる場合がありますので、当たり前の事ですが、「歯がしみる、痛む」場合は、早めに歯科医の診察を受けるのが良いでしょう。

 

chishiki15

●歯垢(プラーク)とは?
位相差顕微鏡像簡単にいうと、プラークとは歯についた汚れのことです。しかし、ただの汚れや食べもののカスではありません。それらに細菌がついて繁殖した状態つまり
プラーク(歯垢)=数十種類の細菌の塊
なのです。プラークの8割は細菌だといわれています。
実は口の中の細菌の数は肛門よりも多く、人間の体の中でもっとも多く生息しているのです!歯垢1mg中に約10億個の細菌がいるといわれており、楊枝(ようじ)の先に歯垢を取ると、その中にはおそらく何百億もの細菌がついていることになります。
 
 
●歯垢(プラーク)は細菌の温床
chishiki17

歯垢(プラーク)には、いろいろの種類の細菌が含まれています。
歯垢は、臨床的には歯肉縁上歯垢(しにくえんじょうしこう)と歯肉縁下歯垢(しにくえんかしこう)に分けられます。歯肉の先端よりも歯冠側にあり、外から見えるのが歯肉縁上歯垢です。これは、染め出し液で赤く染め出されます。歯肉縁下歯垢は、歯肉の先端より歯根側、つまり歯周ポケットの中にあって、外からは見えないものです。歯肉縁上歯垢と歯肉縁下歯垢では、そこにすんでいる細菌の種類がちがいます。

歯肉縁上では細菌が塊(かたまり)となって集まっており、レンサ球菌(きゅうきん)、放線菌、グラム陽性桿菌(ようせいかんきん)など、むし歯の病原菌が多くみられます。これらに対して、歯肉縁下では酸素をきらう嫌気性桿菌(けんきせいかんきん)やスピロヘータと呼ばれる菌など、歯周炎の原因となる菌が増えています。これらの生きた細菌のかたまりであるプラークが出す酸でむし歯をつくり、毒素で歯周病を引き起こします。
   
  
●どれくらいの時間で歯垢になる?
細菌が繁殖してプラークがたまり始めるには、少し時間がかかります。学説によって、あるいは個々人の口の環境によって様々ですが、「24時間放置してしまうと繁殖する」という専門家が多いようです。ですので、それよりも前に歯磨きをして取り除いてしまえば、細菌の繁殖を防ぐことができます。歯医者さんで食後なるべく早くに歯磨きを勧められるのは、こういった理由からです。ちなみに、さらに放置してしまうと、約2日間で「歯石」というさらに手強い状態に変化してしまいます。歯石になってしまうと、通常の歯磨きで落とすことは困難です。そうなる前に歯磨きをしておきましょう。
 
 
●歯垢(プラーク)が歯に付いているか分かりにくい。
歯垢(プラーク)自体は黄白色をしていて歯の色に近いため、見ただけでは歯に歯垢(プラーク)が付いているかは分かりにくいです。(つまようじ等でこすって)歯を触ってみてネバネバとした粘り気のある黄白色の物質があれば、それは歯垢(プラーク)の可能性が高いです。ただ実際に歯垢(プラーク)が付着しているかどうかを判断するには『プラーク染色剤』というものを使用し、どの歯にどれほど歯垢(プラーク)が付いているか?を診察します。

chishiki18
 
 
●プラークはバイオフィルムの一種
最近では、バイオフィルムという考えが出てきてから、口の中ではプラークがバイオフィルムの一種としてとらえられるようになりました。バイオフィルムとは、細菌が菌体外多糖という物を作ってスクラムを組んだ非常に取り除きにくい細菌の固まりです。これは、口の病気の原因になる有害なものなので取り除く必要があります。けれども、プラークはネバネバして歯にべっとりとくっついているので、簡単に洗い流されることなく、単に口をゆすぐだけでは取り除くことはできません。
 
 
●プラークを取り除く
お口も身体も健康に保つためには、プラークを取り除いて、細菌をお口の中から少しでも減らす必要があります。プラークは、菌同士が寄り集まってスクラムを組み、ネバネバヌルヌルした状態になって歯にへばりついたバイオフィルムですから、まずこのスクラムを崩して破壊させる機械的な清掃が効果的です。歯肉縁上プラークは、鏡をしっかりと見て汚れを確認しながら、歯ブラシ&デンタルフロスなどを使って丁寧に歯磨きをすることが必要です。しかし、ご家庭での毎日の歯みがきである程度まで取り除けますが、徹底的な清掃には歯科医院の受診が必要です(これをP.M.T.C.といいます)。また、歯周ポケットの中の歯肉縁下プラークは、歯科医院で掻き出してもらわなければなりません(これをスケーリングといいます)。歯科医院で定期的に健診を受けていれば、必要に応じてP.M.T.C.やスケーリングをしてもらうことができ、お口を常に歯周病菌が少ない状態に保つことができます。

 

chishiki19

プラーク(歯垢)とは、歯の表面についた白っぽくネバネバした汚れのことです。プラークは食べカスではなく、細菌の塊です。プラーク1mg中の細菌数は、なんと約10億個!!といわれています。このプラークの中には、ムシ歯や歯周病の原因となる菌がひしめいているのです。

最近では「バイオフィルム」という考え方があり、口の中ではプラークがバイオフィルムの一種としてとらえられるようになりました。バイオフィルムとは、細菌が菌体外多糖という物を作ってたまった非常に取りにくい細菌の固まりのことです。台所やお風呂の排水シンクを掃除しないで放っておくとヌルヌルとしたものが表面につきますが、これもバイオフィルムの一種です。歯の表面にへばりついてネバネバヌルヌルした白っぽいもの、つまりプラークはまさに典型的なバイオフィルムなのです。「プラークバイオフィルム」と呼ぶこともあります。

【バイオフィルムの驚くべき特徴】

 (1) 歯にへばりついて落ちにくい
バイオフィルムは、ネバネバヌルヌルして歯や義歯の表面へばりつき、簡単に洗い流すことができない為、留まり続けます。そして、次々と細菌を巻き込んで、スクラムを強化して成熟していきます。成熟した「プラークバイオフィルム」は、強力に付着しているため、歯ブラシでもなかなか取り除くことができません。
 
 (2) 抗菌薬(化膿止め)が効果的に作用しない!
chishiki20バイオフィルムはネバネバしており接着面に強固にへばりついています。そのバイオフィルムの中は細菌・バクテリア等の増殖に良い環境・温床になって、抗菌薬(化膿止め)、に対して強い抵抗性をもっています。それは、抗菌薬は浮遊している細菌を殺菌することはできても、スクラムを組んだバイオフィルムの中に浸透して、内部の細菌を十分に殺菌することはできないからです。つまり抗菌薬を使ってもバイオフィルムの殺菌はとても難しいということです。歯ブラシでもなかなか取り除くことができません
 
 
バイオフィルムは歯にへばりついて簡単に落ちず、抗菌薬を飲むだけで除菌することや、デンタルリンスでうがいをすることで洗い流すことも出来ないとなると、いったいどうすればいいのかと心配になってしまいますが、大丈夫です。バイオフィルムに対抗する最も効果的な方法は、単に、物理的にスクラムを崩して破壊することなのです。破壊されれば、抗菌剤も効果を発揮します。
chishiki21

バイオフィルムを破壊するためには、まず、ご家庭での毎日の歯みがきです。しかし、歯に強固にへばりついてなかなか落としにくい上に、歯と歯の間や歯とハグキ(歯肉)の境目の溝などはみがきにくく、十分にバイオフィルムを壊したり、引き剥がしたりすることができません。バイオフィルムは、一部が残っていれば、それを基にまたスクラムを拡大・強化していくのです。そこで歯科医院で、定期的に徹底的な歯のクリーニング(P.M.T.C.といいます)をしてもらうことが必要になってくるのです。

お口の中のムシ歯菌や歯周病菌を全て取り除くことはできませんが、歯科医院での定期的なP.M.T.C.とご家庭での丁寧な歯みがきをバランスよく両立させれば、効果的にバイオフィルムに対抗でき、ムシ歯や歯周病の予防につながります。

 

>>歯の基礎知識について(Q&A)はこちらをご覧ください。



MENU

  1. インプラント
  2. 審美歯科
  3. 歯周病
  4. 予防歯科
  5. 小児歯科
  6. 矯正歯科

みまつ渡辺歯科医院

総合受付 054-209-1133

休診日

バスでお越しの方へ
静岡駅方面からは3分に1本程度のバス便があり大変便利です。
こども病院線、北街道線、唐瀬線 東部団地線、水梨東高線、竜爪山線

車でお越しの方へ
沓谷二丁目の信号のすぐそば
(唐瀬街道を通って来る方)
東静岡駅に向かって沓谷二丁目信号の手前の交差点を右折
(北街道を通って来る方)
清水方面に向かって沓谷二丁目信号を左折。すぐの交差点を左折


ページの先頭へ