意図的歯牙再植術について教えてください。 | 静岡市葵区の歯医者 みまつ渡辺歯科医院|静岡の総合歯科です。
Q&A

意図的歯牙再植術 について教えてください。


 

歯髄(歯の根の神経)が入っていた部分を『根管(こんかん)』といいます。根管内に何らかの理由で感染が起こると、根管内、場合によっては根の先端を通じて顎の骨などに膿が溜まることがあります。根管治療は、細菌に感染した根管内の汚れ(感染歯質や歯髄組織)を徹底的に除去・消毒して、歯の根の病気(根尖病変)の治療・予防するものです。
根管治療では、様々な道具を駆使して根管の感染を完全に除去してきれいに掃除する事を目指して治療しています。しかし、「根管治療の困難さ」から根管治療を長く続けても治療経過がわるかったり、詰物が除去できないため根管治療が出来なかったりする場合は、歯根の手術をすることで抜歯しないことで助けることが出来ます。

 

◆意図的歯牙再植術 とは
歯の治療の必要上、問題のある歯を一度抜歯して治療をして、治療した後にもう一度元の場所に再植する処置方法です。技術的に非常に難しく、あくまでも、他の治療法ではうまくいかない場合に選択される歯を残すための「最終手段」として行います。

 

◆意図的再植の適応症

・ 歯根破折
歯根が割れてしまった場合は、通常抜歯することになりますが、どうしても抜歯しないで治療する必要がある場合に、歯を抜いて割れ目を接着で補修し元の位置に戻します。

 

・ 根の側面にあいた穴の補修
意図的再植を行って根に開いた穴を補修します。

 

・ 治療困難な根管治療
治療経過の悪い根尖病変や、根管内からの根管治療が不可能な歯で、解剖学的理由などのため根尖切除などの外科的治療法が行えない場合に行ないます。意図的再植を行って、根根の先端の病変を掻き出して(根尖病変の掻爬)、根の先端部分を削り取り(歯根端切除)、根の先から根管充填剤で封鎖(逆根管充填)します。また、場合によっては歯根端切除術ではなく、「 歯根端切除術 」が行われる場合もあります。

>>関連ページ:Q&A 「歯根端切除術について

・挺出
虫歯が歯肉よりも深いまで進んでしまうと、虫歯治療が困難になります。再植による挺出法を「外科的挺出」といいます。



MENU

  1. インプラント
  2. 審美歯科
  3. 歯周病
  4. 予防歯科
  5. 小児歯科
  6. 矯正歯科

みまつ渡辺歯科医院

総合受付 054-209-1133

休診日

バスでお越しの方へ
静岡駅方面からは3分に1本程度のバス便があり大変便利です。
こども病院線、北街道線、唐瀬線 東部団地線、水梨東高線、竜爪山線

車でお越しの方へ
沓谷二丁目の信号のすぐそば
(唐瀬街道を通って来る方)
東静岡駅に向かって沓谷二丁目信号の手前の交差点を右折
(北街道を通って来る方)
清水方面に向かって沓谷二丁目信号を左折。すぐの交差点を左折


ページの先頭へ