むし歯が歯茎下まで達して、抜歯するしかない歯を助ける治療方法を教えてください。 | 静岡市葵区の歯医者 みまつ渡辺歯科医院|静岡の総合歯科です。
Q&A

むし歯が歯茎下まで達して、抜歯するしかない歯を助ける治療方法を教えてください。


 

抜歯しないで助ける治療方法

歯は「歯槽骨」という骨の中に埋まっています。虫歯や歯が割れた場所が、歯茎の下のこの歯槽骨近くまで達してると、治療が困難になります(通常の治療方法では抜歯になってしまいます)。歯を残すには、歯槽骨に埋まっているところから3mm以上の、歯茎の上に健康な歯質が 残っていることが必要なのです。それより残っている歯が少ないと、歯茎が歯に付く場所がなくなるからです。しかし「エクストルージョン」という方法や、「クラウンレングスニング」(歯冠長延長術)という方法で健康な歯の部分を 歯肉の上に出すことが出来れば、歯を抜かずに残すことが可能な場合もあります。
(症例によっては抜歯になることがありますので、しっかりした診査、診断が大切です。)

 

◆◆◆ 歯茎下までむし歯が及んでいる場合の治療方法 ◆◆◆

(1)エクストルージョン
歯肉の下に むし歯や 歯の割れが及んでいる場合に、矯正で 歯を引っ張り出すことにより 歯茎の下のむし歯や歯が割れている部分を 歯肉の上に出す治療法のことです。残すのが難しい歯を抜歯しないようにする治療法です。

 

0d857f25c0f83fcc676413dde1b26d94-300x110

 

>>エクストルージョンについて詳しく

 

(2)クラウンレングスニング(歯冠長延長術)
クラウンレングスニング(歯冠長延長術)とは、歯茎や歯槽骨を少し下げることによって(歯周外科)、その下にあるむし歯や歯が割れている場所を歯肉の上に出す治療法のことです。残すのが難しい歯を抜歯しないようにする治療法です。

 

2c44641b49b9233a97e277b7406038fb-300x110

 

>>クラウンレングスニングについて詳しく

 

(3)抜歯
歯の状態によっては、上記の治療方法を用いても残すことはできません。そのような場合は抜歯して、ブリッジや取り外し式義歯、インプラントで、歯の無い部分に歯を作る治療を行います。

 

d68d8a79ecd337994b2e37cc12393330-300x110

 

 

抜かずに治療するのが困難な場合は、たとえば

 ① むし歯が大きくなって健全な歯質が薄く、十分な強度が無い場合
 ② 歯の支えが少なくて、支えきれない場合
 ③ 無理に残そうとすると、隣に歯の犠牲が大きくなってしまう場合
 ④ 処置により大臼歯の根の股が露出してしまう場合

   などのような状態の歯は、抜歯が必要になってしまいます。

 

症例によって歯の状態、噛み合せの状態は違います。かかりつけの歯医者さんに、実際のお口の中の状態を、しっかりした診査、診断をして頂くようにしましょう。



MENU

  1. インプラント
  2. 審美歯科
  3. 歯周病
  4. 予防歯科
  5. 小児歯科
  6. 矯正歯科

みまつ渡辺歯科医院

総合受付 054-209-1133

休診日

バスでお越しの方へ
静岡駅方面からは3分に1本程度のバス便があり大変便利です。
こども病院線、北街道線、唐瀬線 東部団地線、水梨東高線、竜爪山線

車でお越しの方へ
沓谷二丁目の信号のすぐそば
(唐瀬街道を通って来る方)
東静岡駅に向かって沓谷二丁目信号の手前の交差点を右折
(北街道を通って来る方)
清水方面に向かって沓谷二丁目信号を左折。すぐの交差点を左折


ページの先頭へ