歯の「内部吸収」について教えてください。 | 静岡市葵区の歯医者 みまつ渡辺歯科医院|静岡の総合歯科です。
Q&A

歯の「内部吸収」について教えてください。


 

◆歯の内部吸収とは
歯の内部にある歯髄(神経が通っている管)側から象牙質が 壊されて歯質が薄くなってしまうことを呼びます。乳歯が打撲などの外傷が引き金となり、内部吸収を起こして歯が薄皮一枚になってしまい、内側の組織が透けて見える為ピンク色に変わってしまうことを時々経験します。非常にまれですが、永久歯でもエックス線写真で歯根の内部吸収や歯冠の一部がピンク色に変化(ピンクスポット)が認められることがあります。

 

◆内部吸収の症状
無症状で進行、経過することがほとんどで、歯の色が変ってきたり、たまたま撮影したエックス線写真で気づくことが多いです。

 

◆内部吸収の原因
歯根の内部吸収は原因不明な場合が多く、生活歯髄切断の治療経過が良くなかった時や外傷を受けた歯にみられることがあります。また、乳歯の生え変りが近くなってきた時の歯根や生え変り時期にも歯冠の内部吸収を起こしていることがあります。

 

◆内部吸収の処置
早い段階で吸収の程度が少なければ、抜髄(神経部分を除去)して内部吸収の進行抑制して歯を残すことができますが、吸収してしまった歯質は元に戻すことができません。内部吸収が進行すると手遅れになり抜歯せざるおえなくなってしまいます。

 

【治療症例】 乳歯の内部吸収

【 症例4750 】  5歳女児:乳歯の内部吸収 生え変わり時期前に抜けた(ディスタルシュー:補隙)

4570_6Y_Xray- 900bee857721cbf8099893b0956e2872

 

>>詳細はこちら

 

【 症例4232 】 5歳女児:乳中切歯の内部吸収 生え変わり時期前に抜けた(観察)

4232 c08d53c9d00bd83abb968bd840357b31

 

>>詳細はこちら



MENU

  1. インプラント
  2. 審美歯科
  3. 歯周病
  4. 予防歯科
  5. 小児歯科
  6. 矯正歯科

みまつ渡辺歯科医院

総合受付 054-209-1133

休診日

バスでお越しの方へ
静岡駅方面からは3分に1本程度のバス便があり大変便利です。
こども病院線、北街道線、唐瀬線 東部団地線、水梨東高線、竜爪山線

車でお越しの方へ
沓谷二丁目の信号のすぐそば
(唐瀬街道を通って来る方)
東静岡駅に向かって沓谷二丁目信号の手前の交差点を右折
(北街道を通って来る方)
清水方面に向かって沓谷二丁目信号を左折。すぐの交差点を左折


ページの先頭へ