妊娠中にお薬を服用して赤ちゃんに影響しませんか? | 静岡市葵区の歯医者 みまつ渡辺歯科医院|静岡の総合歯科です。
Q&A

妊娠中にお薬を服用して赤ちゃんに影響しませんか?


30bf2ce0f1fde5443ddf6a4d4aec71ef

お子さんを計画している場合は、できることならムシ歯や歯周病治療は妊娠前に済ませておきたいものです。それでも 妊娠中に歯が痛くなったり 腫れてしまったりしたときに、どんな薬なら飲んでも良いのか、おなかの赤ちゃんに影響は無いのか、お母さんにとって一番知りたいところでしょう。

 

ところが多くの医薬品添付文書(説明書)には、「妊娠中の投与に関する安全は確立されていないので、妊婦または妊娠の可能性のある婦人には投与しないこと・治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にだけ投与する」と書かれています。つまり、胎児に対し100パーセント安全とは 書かれていないのです。

 

 

b0af76f501812f34b55ab0f8846ed7a1実際に、種類によっては 妊娠中には飲んではならないというお薬や、妊娠末期には服用してはならないう薬もあります。また、お子様の歯の色を変色させるなどといった副作用のある薬もあります。しかしすべての薬剤が危険であるというわけではなく、実際には、臨床である程度長期間使用され、事故の報告が無く、理論上も危険が少ないとされているものを選択することになります。

 

薬剤アレルギーがなければ、抗生物質または抗菌剤では、妊娠中を通じて比較的安全なペニシリン系やセフェム系を第一選択とします。また鎮痛剤であれば非ピリン系のアセトアミノフェン(商品名 カロナール)などは安全だと言われています。

beb11f1cebfab129da816446c6af3a85お母さんの体と おなかの赤ちゃんへの影響を考えると、できれば お薬は飲まない方がよいと思われます。実際 「痛くても我慢します。」という妊婦さんが、かなりいらっしゃいます。おなかの赤ちゃんのためなら痛みなど我慢するという すばらしい心構えですが、痛み自体がおなかの赤ちゃんに悪影響を及ぼす危険もあります。軽い痛みならともかく、あまりひどいようであれば 受診したうえで医師の指示に従って 早めに服用するのがよいでしょう。

>>妊娠中に歯の治療をしても良いの?



MENU

  1. インプラント
  2. 審美歯科
  3. 歯周病
  4. 予防歯科
  5. 小児歯科
  6. 矯正歯科

みまつ渡辺歯科医院

総合受付 054-209-1133

休診日

バスでお越しの方へ
静岡駅方面からは3分に1本程度のバス便があり大変便利です。
こども病院線、北街道線、唐瀬線 東部団地線、水梨東高線、竜爪山線

車でお越しの方へ
沓谷二丁目の信号のすぐそば
(唐瀬街道を通って来る方)
東静岡駅に向かって沓谷二丁目信号の手前の交差点を右折
(北街道を通って来る方)
清水方面に向かって沓谷二丁目信号を左折。すぐの交差点を左折


ページの先頭へ